連盟概要

FIBA(国際バスケットボール連盟)は現在、2020年の夏季五輪から世界でも人気のある3×3(ハーフコートで1つのゴールを使い3対3で行うバスケットボール)を正式種目とすべく、普及・啓蒙活動を展開しております。
この流れを受けて、日本バスケットボール協会でも2010年はじめて、3×3の全国大会を開催しました。
そして2011年、大阪バスケットボール協会では3×3の普及・発展に寄与するべく、「大阪3×3バスケットボール連盟」を発足致しました。連盟は3×3を通じて、「地域貢献」「社会貢献」「青少年育成」を目指し、活動を行っております。

2020年といえば、東京オリンピック、パラリンピックの開催が決定いたしました。
我々としては、「初の3×3五輪代表選手を大阪から!」を合言葉に、連盟としての活動を進めてまいりたいと思います。

つきましては、本連盟の活動の趣旨についてご支援並びにご賛同を賜りますよう心からお願い申し上げます。

大阪3×3バスケットボール連盟
理事長 中埜 成章